ページの先頭です

水道・ガス・電気

[2017年4月1日]

水道

水道管が破裂したときは

 家庭用止水バルブのあるお宅はバルブをしめて水を止め、バルブのないお宅は破裂した部分に布かテープを巻きつけて応急止水をし、町水道指定工事店に修理をお申し込みください。

道路での水漏れ

 発見したらすぐに産業建設部環境水道課へお知らせください。

水道管の凍結

 水道管はむき出しになったり、北側の風あたりの強いところが凍りやすく、冬期には布などを巻いて保温し、その上からビニールテープなどをしっかり巻きつけ、保温材が漏れないようにしましょう。
 水道管が凍ってしまったら、そのまま自然に溶けるのを待つか、蛇口をあけ露出している管や蛇口にタオルなどをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かしてください。じかに熱湯をかけると管が破裂することがあります。

ガス

ガス漏れに気付いたら

  • すぐ元栓をしめる。
  • 火気を絶対に使用しない。
  • 換気扇は回さない。
  • 電気器具のスイッチやコンセントなどに手をふれない。
  • 窓やドアを開放して早くガスを屋外へ出す。なお、プロパンガスは空気より重いので、ホウキではくようにして放出する。
  •  早く消防署やガス販売店などに連絡する。

電気

家のまわりの電線にご注意

  • テレビアンテナの支線が電線にふれていませんか。
  • 電線がトタンや雨ドイにさわっていませんか。
  • 倒木が電線に接触していませんか。
  • こいのぼりやタコは電線から離れたところであげましょう。

家の中での注意

  • 洗濯機などにアースをつけていますか。
  • コンセントやスイッチ、コードなどが熱をもったり、こわれていませんか。ショートや感電したりして非常に危険です。ゆるんでいるものは完全にしめ、コードのいたんでいるものは取り替えましょう。
  • 雨漏りにより電線、器具などが漏れていませんか。

お問い合わせ

大野町役場環境水道課

電話: 0585-34-1111 ファックス: 0585-34-2110

お問い合わせフォーム