ページの先頭です

「大野町人口ビジョン」および「おおの創生総合戦略」を策定しました

[2015年12月7日]

「大野町人口ビジョン」および「おおの創生総合戦略」を策定しました

 平成26年11月、国が制定した「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、町では、人口減少を克服し、「ひと」と「しごと」をつなぎ、「ひと」と「ひと」をつなぐ好循環を確立し、自立的かつ持続的な「まち」の実現に向けた「大野町人口ビジョン」および「おおの創生総合戦略」を策定しました。

人口ビジョン

 日本の総人口は、平成20年の約1億2,800万人をピークに、減少傾向が続き、2030年(平成35年)には約1億2,000万人になると見込まれており、目指すべき将来の方向として、国の長期ビジョンにおいては、2060年(平成72年)に1億人程度の人口確保を、また、県においても2100年に130万人を維持することを掲げております。
 町人口ビジョンは、国・県の長期ビジョンを勘案し、町の人口の現状と将来の姿を示し、人口減少課題について、町民の方との共通認識を図るとともに、2060年(H72)に向けた目指すべき将来の方向性を示したものです。

総合戦略

 総合戦略は、平成27年度からスタートした第6次総合計画に掲げる将来像や基本的方向に沿い、人口ビジョンを踏まえた上で、平成27年度を初年度とする今後5年間で重点的に取り組むべき施策・事業や数値目標をまとめたものです。
 この戦略につきましては、外部有識者による「おおの創生総合戦略検討委員会」でのご意見、ご提言をはじめ、庁内組織での議論を重ね策定をいたしました。

 今後は、総合戦略に掲げた施策を推進し、「快適で 笑顔あふれるやすらぎのまち おおの」の実現に向け、将来にわたって持続可能なまちづくりを進めていきます。

 

お問い合わせ

大野町役場政策財政課

電話: 0585-34-1111 ファックス: 0585-34-2110

お問い合わせフォーム