ページの先頭です

史跡野古墳群指定60周年記念「古墳時代の大野」展 開催中

[2017年12月5日]

平成29年度郷土の先人展

「「古墳時代の大野-大野町のあけぼのを探る-」

 大野町は、前期から終末期まで約300基の古墳があり、岐阜県下有数の古墳の町です。
 中でも野古墳群は、400m四方の範囲に、80m級の前方後円墳4基をはじめ17基以上の古墳が密集する、東海地方ではきわめて珍しい遺跡として、昭和32年7月10日に国史跡に指定されました。
 今年、野古墳群が史跡に指定されて60年を迎えました。これを記念して、特別展を開催します。

期日  平成29年12月2日(土)-17日(日)
       ※月曜日休館

時間  午前9時30分-午後4時30分

主催  大野町文化財保護協会・大野町教育委員会

会場  総合町民センター2階展示室

料金  入場無料
       ※図録無料進呈(数に限りがあります)


◎記念講演 「大野町の古墳を考える」

講師  広瀬和雄氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)

期日  平成29年12月16日(土)

日程  午後1時30分-3時30分
       ※開場 午後1時00分

会場  総合町民センター多目的ホール

定員  200名(先着順、入場無料)

お問い合わせ

大野町総合町民センター
電話: 0585-32-1111
月曜休館