ページの先頭です

町高校生通学バス定期券等補助金の補助率変更およびバス・鉄道定期券等補助金の申請書等様式・添付書類の変更について

[2018年3月19日]

町高校生バス・鉄道定期券等補助金の変更について

 現在、町では、高校生が通学に利用するバス(スクールバス含む)および鉄道の定期券購入に要する費用の一部を補助しています。

 4月より、バス定期券等補助金の補助率を鉄道定期券補助金の補助率と統一するため、次のとおり変更します。それに伴い、申請書等の様式、添付書類の一部が変更となりますので、バス(スクールバス含む)・鉄道定期券の補助金申請をする人は留意してください。

 平成29年度中(平成29年4月1日~平成30年3月31日)に購入した定期券でも、有効期間に平成30年4月1日以降の期間が含まれる場合は、4月以降に申請していただきますようお願いいたします。平成29年度中に定期券の有効期間が終了する場合は、3月中に申請していただきますようお願いいたします。

補助対象者

 町内に住所を有し、学校教育法に規定する高等学校または高等学校と同等の課程と認められる課程に修業している高校生の保護者。補助対象者の世帯全員に、町税等の滞納がないこと。

補助対象機関

バス

・岐阜バス

・名阪近鉄バス

・スクールバス

鉄道

・樽見鉄道

・養老鉄道

補助する額

(変更前) 1ヶ月あたりの通学バス定期券の購入金額が8,000円を超える場合に、その超える額の2分の1を補助する。

(変更後) 通学バス定期券購入費用・スクールバス利用料金の3分の1を補助する。なお、100円未満は切り捨てる。

       (例)3ヶ月分の通学定期券購入費用が30,000円の場合

        30,000円 × 1/3 = 10,000円

       ※定期券有効期間の平成30年4月以降の分が対象となります。

       ※鉄道も同様に定期券購入費用の3分の1を補助する。

申請方法

 身分証明書(学生証、在学証明書、合格通知書)の写し、通学定期券の写し(スクールバス利用者はスクールバス料金の領収書)、印鑑を持参のうえ、政策財政課へ申請書を提出してください。

 今までバス定期券の補助申請をする際には、定期券取扱所証明欄の記載や、定期券発行証明書の添付を求めていましたが、4月以降それらは不要となり、通学定期券の写しの添付が必要となります。

 発行状況の確認をするため、定期券の写しは、有効区間、有効期間、氏名、購入金額等の記載情報が確認できるようにコピーしていただきますようお願いいたします。また、過去の購入分をまとめて申請していただく際は、破棄する前に必ず定期券の写しをとっておくなど、十分ご注意ください。

 

申請手順

1.申請書を提出(申請者)

2.審査のうえ交付決定通知を郵送(町)

3.請求書を提出(申請者)

4.指定の金融機関口座へ振込(町)

受付期間

平成30年4月より随時受付をいたします。

土・日・祝日・年末年始を除く午前8時30分~午後5時15分まで

お問い合わせ

大野町役場政策財政課

電話: 0585-34-1111 ファックス: 0585-34-2110

お問い合わせフォーム