ページの先頭です

大野町いのち支える自殺対策計画

[2019年5月9日]

大野町いのち支える自殺対策計画とは

  この計画は自殺対策基本法第13条に基づく「市町村自殺対策計画」として位置づけられる計画です。

 自殺はその多くが追い込まれた末の死です。自殺の背景には精保健上の問題だけでなく、さまざまな社会的要因があることが知られており、自殺に追い込まれるということは「誰にでも起こり得る危機」です。

 そのため、自殺対策は、保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、「生きることの包括的な支援」として実施されなくてはなりません。

 本町は、すべての人がかけがえのない個人として尊重される社会、つまり「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現を目指し、自殺対策を総合的に推進するために、「大野町いのち支える自殺対策計画」を策定します。

計画の期間

平成31(2019)年度から平成35(2023)年度までの5年間の計画です。

国の施策と連携する必要があることから、国の動向や社会情勢の変動に配慮し、必要に応じ計画の見直しを行います。

大野町いのち支える自殺対策計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

大野町保健センター
電話: 0585-34-2333 ファックス: 0585-34-2330