ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

大野町

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    おおの創生総合戦略

    • 更新日:2020年8月20日
    • ID:1219

    第2期おおの創生総合戦略

     2014年(平成26年)11月に国が制定した「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、2015年(平成27年)10月、町では、人口減少を克服し、「ひと」と「しごと」をつなぎ、「ひと」と「ひと」をつなぐ好循環を確立し、自立的かつ持続的な「まち」の実現に向けた「おおの創生総合戦略」を策定しました。

     「第2期おおの創生総合戦略」の策定にあたっては、2019年(令和元年)12月に改訂された国の「長期ビジョン」および「第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」、岐阜県における「岐阜県人口ビジョン」および「『清流の国ぎふ』創生総合戦略」の方向性を踏まえつつ、第1期における取り組みの評価と今後5年間における具体的な取り組みを整理し直しました。今後も引き続き、町の最上位計画である「大野町第六次総合計画後期基本計画」に基づいて計画的に事業を実施し、将来像である「快適で 笑顔あふれるやすらぎのまち おおの」の実現に向け、将来にわたって持続可能なまちづくりを進めていきます。

    関連ファイル

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    人口ビジョン

     日本の総人口は、2008年(平成20年)の約1億2,800万人をピークに、減少傾向が続いています。目指すべき将来の方向として、国の長期ビジョンにおいては、2060年(令和42年)に1億人程度の人口を確保することを掲げております。

     町人口ビジョンは、国・県の長期ビジョンを勘案し、町の人口の現状と目指すべき将来の方向性を位置づけています。第2期おおの創生総合戦略を策定するにあたって、2015年(平成27年)の策定時から5年間の人口動態等の実績を勘案し、人口推計の見直しを行いました。

     町民や企業・団体、行政など多様な主体が人口に関する認識を共有し、目標の実現に向けて連携しながら取り組んでいくことが重要となります。

    関連ファイル

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    大野町役場総務部政策財政課

    電話: 0585-34-1111

    ファックス: 0585-34-2110

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム