ページの先頭です

児童手当

[2019年8月29日]

 児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを社会全体で応援するという趣旨のもとに親等に支給するものです。

児童手当の支給について

支給対象となる児童

 大野町内に住所を有し、中学校卒業まで(15歳に達した後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

支給月

 原則として、毎年3回該当月(6月・10月・2月)の10日に、それぞれの前月までの4か月分を支給します。

  • 6月支給(2月から5月分)
  • 10月支給(6月から9月分)
  • 2月支給(10月から1月分)

支給額

児童手当の支給額については、次の表のとおりです。

児童手当支給額一覧
区分支給月額
所得制限額未満所得制限額以上
3歳未満一律15,000円5,000円
3歳以上小学校終了前第1子、第2子10,000円
第3子以降(※)15,000円
中学生一律10,000円

※第3子の数え方
 第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降の児童を指します。

所得制限とは

児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、児童の年齢に関係なく、「特例給付」として児童一人当たり月額一律5,000円となります。
所得制限限度額については、次の表のとおりです。 ※収入額の目安は給与収入のみで計算していますのでご注意ください。

所得制限限度額表
扶養親族等の数所得制限限度額(万円)収入額の目安(万円)
0人622833.3
1人660875.6
2人698917.8
3人736960
4人7741,002.1
5人8121,042.1

児童手当に関する手続き

以下の事由が発生した場合には、届出をしてください。

  • 出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合
  • 出生等により支給対象となる児童が増えた場合
  • 他市町村に住所が変わった場合
  • 離婚などにより児童を養育しなくなった場合
  • 受給者が公務員になった場合
  • 養育している児童の住所が変わった場合
  • その他届出の内容が変わった場合

手続きに必要なもの

  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 請求者の健康保険証の写し
  • 請求者および配偶者等の個人カード、または通知カード
  • 請求者名義の銀行口座の通帳など

※このほかに、請求者の方の状況によって、必要に応じてご提出いただく書類があります。

現況届の提出について

児童手当にかかる現況届は、毎年6月1日を基準とし、6月分以降の児童手当や特例給付を引き続き受給する要件(児童の監護や生計同一関係など)を満たしているかどうかの確認を行うためにご提出いただくものです。
対象者の方には、6月上旬までに現況届を郵送しますので、6月末までに必要書類を添えてご提出ください。

現況届の提出が無い場合、児童手当が受給できなくなります

現況届の提出がない場合、6月分以降の児童手当の支給を一時差し止めます。
提出がないまま2年間経過すると、同手当の受給権が消滅しますのでご注意ください。

お問い合わせ

大野町役場福祉課

電話: 0585-34-1111 ファックス: 0585-34-2110

お問い合わせフォーム