ページの先頭です

特別な理由によるワクチン再接種費用助成について

[2020年4月1日]

小児がん患者ワクチン再接種費用助成事業

 小児がん治療で造血幹細胞の移植(骨髄移植手術)によって定期の予防接種で得た免疫が低下、または消失したため、予防接種の再接種が必要となった方に再接種に係る費用を助成します。

対象者

次の全てに該当する方です。

 1 接種済みの定期予防接種の免疫が、造血幹細胞の移植によって低下、または消失したため、再接種が必要と医師が認めた方

 2 再接種を受ける日において、町内に住所を有する方

 3 再接種を受ける日において20歳未満の方

   ※ただし、以下の予防接種については次のとおりとします。

     ジフテリア・百日せき・破傷風・急性灰白髄炎(ポリオ) ・・・ 15歳未満

     ヒブ ・・・ 10歳未満

     小児の肺炎球菌感染症 … 6歳未満

 4 予防接種法実施規則(厚生労働省)の規定に基づいて行われる予防接種の再接種を受ける方(ただし、BCG予防接種を除く)

助成する額

再接種料として医療機関に支払った額を助成します。

申請方法

再接種を受ける前に、次の書類を添えて、保健センターに申請してください。

 1 大野町ワクチン再接種費用助成金交付申請書(様式第1号) 

 2 大野町ワクチン再接種費用助成に関する主治医意見書(様式第2号)

 3 母子健康手帳(定期予防接種履歴が確認できるものに限る)または当該履歴が確認できるものの写し

 4 (保護者以外の方が申請される場合)委任状 

お問い合わせ

大野町保健センター
電話: 0585-34-2333