ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

大野町

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    食品ロスの削減について!!

    • 公開日:2020年12月10日
    • 更新日:2020年12月10日
    • ID:1397

    食品ロスの削減について!!

    【食品ロスとは】

     食べ残しや、調理くず、売れ残り期限が近いなどの理由により、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。

     日本国内において、年間約612万トンの食品ロスが発生しています。これは、1人1日当り約132gに相当します。(農林水産省および環境省「平成29年度推計」)

     

    【食品ロスを減らそう】

     食品ロスの約半分は、一般家庭から出るものです。各家庭で食品ロスをへらしましょう。

     

     ・冷蔵庫などにある食品を確認し、必要な分だけを購入しましょう。

     ・食材はできるだけ、使い切るようにしましょう。

     ・食べきれる量を作るようにしましょう。

     ・食品の「賞味期限」と「消費期限」を正しく理解しましょう。

      「賞味期限」は、おいしく食べることができる期限です。

      「消費期限」は、安全に食べることができる期限です。

     ・生ごみを捨てるときは水気をよく切ってから捨てましょう。

     

    【ぎふ食べきり運動】

     岐阜県では平成30年度から「ぎふ食べきり運動」を推進しています。食品ロスを削減するための「ぎふ食べきり運動」に協力いただく飲食店等の協力店・協力企業を募集しています。

     詳しくは、岐阜県(廃棄物対策課)のホームページをご覧ください。